ギャンブルは一体なぜ面白い?

ギャンブルが楽しくなくなったとき、依存症になってしまったと人は気づきます。ただ幸いなことに、ほとんどのギャンブラーは、こういった問題なしに単なる娯楽目的でギャンブルを楽しんでいます。負けるより勝つ方が楽しいのは確かですが、人はお金目的だけでギャンブルをしたがるのではありません。

それでは、ギャンブルは一体なぜそれほど楽しいのでしょうか?ここでは、人がギャンブルにハマる理由をいくつか挙げてみたいと思います。

ジャックポット

ギャンブルゲームはすべて、賞品や賞金などの報酬を提供しています。特にスロットマシンには、プログレッシブジャックポットの賞金が付いているものがあります。これは、ベットするたびに、それが賞金プールに累積される仕組みです。つまり、ジャックポットはどんどん増えていくのです。これは誰かラッキーなプレイヤーがジャックポットを獲得するまで続きます。ジャックポットを追いかけるのはとても楽しいことですし、人生を一変させるような巨額の賞金を獲得できる可能性もあります。ですが、大きなジャックポットを追いかけるよりも、プレイに集中する方が大切ではあります。

社交の場

カジノやオンラインカジノの最大の魅力のひとつは、それが社交的な娯楽であるところです。ブラックジャックやルーレットなど、人と一緒にプレイできるゲームがほとんどですし、こうしたゲームに参加するのは、いつだって楽しく、ワクワクするものです。しかも、ずっとプレイし続ける必要すらないのです。他人がプレイするのを見たり、お酒を飲んだり、新しく知り合った友人や昔からの友人とおしゃべりしたりするだけでも、楽しいものです。オンラインカジノでしたら、チャットルームやフォーラムがありますので、そこで人と出会ったり、経験を共有したり、貴重なギャンブルの知識を集めたりすることができます。

勝者気分を味わえる

カジノのゲームは、カジノハウス側がやや有利になるように設計されています。つまり、ギャンブラーがあまり頻繁に勝てないようになっているのです。こうした仕組みにより、カジノハウスは破産することなく、営業を続けていられるのです。ジャックポットに大当たりして、華々しいサウンドや光を体験できる人は、ほんのわずかしかいないのです。それでも、勝てないという問題を回避すべく、ゲーム設計者によってスマートな方法が考案されました。

 

今日では、信じられないようなサウンドやカラーでデザインされた最新のデジタルゲームやオンラインカジノが出回っています。それに、リールの数も多くなっています。マルチラインスロットでは、同時にさまざまなベットをすることができます。一度に20以上のベットができるものも少なくありません。個々の勝利は小さいかもしれませんが、あるラインでは勝ち、別のラインでは負ける、ということが起こり得るので、損失を最小限に抑えることができ、たとえ勝てなかったとしても、勝者気分を味わうことができます。こうした勝ちを装った負けこそが、スロットをはじめとするゲームの醍醐味なのです。

カジノハウスを打ち負かすスリル

ほとんどのカジノの常連が、カジノハウスはあらゆるゲームで有利であることを理解しています。プレイヤーにとってオッズが大きいゲームもあれば、小さいゲームもありますが、どんな場合であれ、プレイヤーは勝ち目が薄いのが普通なのです。自分のオッズを数学で表すことができなくても、勝者ではなく敗者として去る客の方が多いことは、皆さんご存知のはずです。ですが、時には形勢逆転して、大金を手にできることもあります。それが快感なのであり、こんなスリルは他のどんな娯楽が真似しようとしても真似できるものではありません。

アドレナリン全開

ギャンブルをしているときは、ゲームの結果がどうなるか分からないので、特に突然予想もなく勝ったときなどに、アドレナリンが全身を駆け巡ります。ギャンブラーの中に、プレイ中に「ハイ」な気分になる、という人がいるのも、このためなのです。負けているときでも、アドレナリンやエンドルフィンといった快感ホルモンが大量に分泌されています。

ギャンブルを終え、軍資金の大半を失ってしまった人に気分を尋ねると、ほとんどの人が「気分は最高」と答えると思います。たいていの場合、ギャンブルでお金を失ったとしても、楽しいという気持ちに変わりはないのです。

カジノやカジノゲームをはじめとするギャンブルツールは、必ずプレイヤーが楽しめるようにデザインされています。ベッティングやギャンブル施設のすべてが、あらゆる体験要素が楽しいものとなるよう、懸命に努力しているのです。ですから、楽しむためにプレイしている限り、大変楽しいひとときを過ごせることでしょう。